2017年04月09日

花總まりと美弥るりかと宇月颯







土曜も日曜も仕事をして帰宅すると

その分を取り返そうと

嫁がピーチクパーチクしゃべりながら

宝塚や韓国の女性アイドルの録画をみせてくるのですが


今回は

「爆報!THEフライデー」と言う番組に

花總まりどんが出演している録画と


美弥ブレイクのゲストに宇月颯どんが出演している録画を

みせてくれました。





嫁にとって花總まりどんは

宝塚の代名詞。



嫁が宝塚にハマったのも

男役より娘役が好きなのも

全て花總まりどんが起点になっているのです。



ただ、私はリアルに花總まりどんを観たことがないので

嫁がいくら花總まりどんの偉大さを語っても

いまいちピンとこないんですが


「爆報!THEフライデー」をみて花總まりどんの

素晴らしさに今更ながら感動しております。




取材班と待ち合わせの神保町に現れた姿が

ベージュのコートに色褪せたデニムとスニーカーに

リックを背負った地味な大学生のような恰好。



昔、取引先と食事や打ち合わせをした

懐かしの「さぼうる」で

ナポリタンを食べながら食レポ。



持ち物チェックで

セリフの練習用でしょうか。

年季の入ったMDプレイヤーが出てきたり


動きやリアクション、笑い方から

受け答えのすべてが可愛らしい。




嫁によれば

「噂では高貴な家の出らしいよ」

とのことですが

うなずける話ですね。



なんというか本物のお嬢様というか

処女性というか

久しぶりにテレビに出ている女性に

萌えました。




で、花總まりどんに興味津々なのに

いきなりリモコンを操作して

カフェブレイクの録画に切り替え。



今度は、私の好きな美弥るりかどんの

「美弥ブレイク」のゲストが

嫁の大好きな宇月颯どん。



このお二人は仲がよさそうですね。


数回前の美弥るりかどんのブリドリにも

宇月颯どんが出てましたが


「上質な筋肉ね」と、かなりハイレベルな

トークを展開されてました。



すると、再びリモコンを操作してスカステへ。



「ハイ、今日はここまで。

 ヲレは『るろ剣』見るから

 寝ていいよ」


とのこと。



というわけで

指示通りに寝ることにします。






大変お世話になっている宝塚ブログランキング様です。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村





宝塚歌劇団 ブログランキングへ



【PR:母の日のプレゼント特集】













離婚しない方法。復縁が成功した手紙・メールの例文
posted by オッサン at 22:08| Comment(18) | 宝塚og | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
嫁がヅカヲタさま

連日お疲れさまでございます。 お花さまのご出演は 見逃してしまいました。お嫁さまは どのように情報をゲットされるのでしょうか?

最近 わたくしも 宇月さまの かっこよさが わかってまいりました。先日フジテレビで 放送されました月組男役燕尾での 宇月さまは 美弥さまに次いで ヤバイ色気でございました。(珠城さまに 男役の色気を感じないワタシ…)
目のパッチリした方に惹かれるのでしょうかね? しかし 紅さまや わがご贔屓さまは ちょっと違うかな…
(ご贔屓さまの目力は 凄いですが…)

Posted by NEESAN at 2017年04月11日 19:56


NEESANさんさま、コメントありがとうございます。

嫁にどのように情報をゲットしているか聞いたところ

「ブログ村の新着情報で
 新着記事のタイトルから興味のあるものを読む」

とのことでした。

なるべく、ネガティブでない記事タイトルを
読むのがポイントだそうでございます。

宇月さまの色気はすごいそうですね。
私にはなかなかわかりませんが
芝居を見ていると、宇月さまが重要な役を
演じる機会が多い理由がなんとなく分かりますね。

芝居のうまい下手ではなく
壮年の男を違和感なく演じることができる
渋さやバックグラウンドが
男役の中でも飛びぬけている感じがいたします。

 
Posted by オッサン at 2017年04月12日 11:35
嫁がヅカヲタさま

なるほど! 新着記事からでございますね!
ワタシも よく拝見するブログより 情報をいただくことが多いですが、スマホでしか見れないブログが増え 限られてしまいました。
嫁がヅカヲタさまのブログに 情報をのせていただくと 大変ありがたいですが、自身でも 情報ゲットできるように 頑張ってみます。
宇月さまは 「瑠璃色」にご出演。わがご贔屓さまも ご一緒ですので しっかり皆さまの色気を拝見して参ります!
Posted by NEESAN at 2017年04月12日 19:25
土日もお仕事お疲れさまです。

当方も年度末、年度初めの、仕事が珍しく忙しかったのが、ようやく落ち着きまして、溜まったテレビの録画みております。

我が家は、キーワード”宝塚”の自動録画をセットしておりまして、お花様の番組も録画されておりました。
お花様は、全然昔から変わらない気がします。90年台、チケット確保のため76期の某生徒さんファンクラブに所属しておりまして、雪組の観劇が一番多かったんですよね。

PS
私、テレビ好きでして、昔録画したビデオテープのために、βのビデオレコーダーが現役です。
Posted by ヅカオタのおじさん at 2017年04月12日 22:31

NEESANさんさま、コメントありがとうございます。

このブログで、宝塚の最新情報が
お伝えできればいいのですが

他人様のブログで情報を得た嫁から聞いた話の上
月に数回の更新では、お役に立てませんね。

テレビに関しては、ヅカオタのおじさんさまの
キーワード”宝塚”での自動録画のセットが
最も取りこぼしなく情報を得られる
方法かもしれません。


Posted by オッサン at 2017年04月13日 23:56

ヅカオタのおじさんさま、コメントありがとうございます。

キーワード”宝塚”の自動録画は
確かに取りこぼしがありませんね。

うちは二人とも電気製品に弱く、嫁が
「自動録画して、スカステが全部録画されたら
 ヤベーな」と心配しておりますが
自動録画にチャレンジしてみます。

嫁は宙組時代、最晩年の
花總まりどんしか知らないので
「雪組時代から見てみたかった」と
いつも言っております。

βはデッキもテープも
デザインと佇まいに高級感があり
違いが分かる人の持ち物というイメージでしたが
現役とはすごいですね。
Posted by オッサン at 2017年04月14日 00:17
嫁がヅカヲタさま

我が家の旧式な録画機能は すでに タカラヅカの映像のため あと2時間しか余裕がなくて、自動予約ができない状態でした(泣)

いまだに ブルーレイが見れないなんて…の環境のため、ジェンヌさま達の お顔も不鮮明、ご贔屓さまを 探すのも ひと苦労です。カンで「あれじゃないかね」「違う!これよ」と ムスメと 「ご贔屓さまを探せ!」を 楽しんでおりましたが ムスメも 独立し ワタシの カンだけでは 本当に ご贔屓さまかどうか 怪しくなってまいりました。
ムスメは ブルーレイを購入したので 「スッゲー鮮明」な映像で 楽しんでいるようです。
Posted by NEESAN at 2017年04月14日 06:29
自動録画

おっしゃる通りで、対象のチャンネルとかをちゃんとセットしないと、スカステが全部対象になってしまいますから、注意ですね。

あと、同時録画が幾つ可能か、が取りこぼししないポイントでしょうか。

PS
毎年これからの季節、競馬の番組がやたらと録画されます。・・・・宝塚記念
Posted by ヅカオタのおじさん at 2017年04月14日 07:35


NEESANさんさま、コメントありがとうございます。

うちのHDDもケーブルTV局から支給されたもので
昨年、新しくなり、容量も増えましたが
編集機能がどうがんばっても使えず
往生しております。


たまに宝塚のブルーレイをみると
スカイステージのSD画像を見慣れた目には
かなり鮮明ですね。

嫁が今見ている89期生の初舞台特集で
ガビガビの画像から、お気に入りのジェンヌ様を
探し出す能力には、毎年驚かされますね。

なので、NEESANさんさまのご贔屓様も
間違いないと思われます。
Posted by オッサン at 2017年04月15日 22:51


ヅカオタのおじさんさま、コメントありがとうございます。

自動録画はチャンネルが選べるんですね。

宝塚記念までカバーされてしまうとなると
キーワードは「タカラジェンヌ」で狙いところですが

これだと取りこぼしのリスクもありますね。

「馬までカバーしてもいい
 宝塚の名がつくものならば」

と、嫁が器のデカいところを誇示しております。
Posted by オッサン at 2017年04月15日 22:57
嫁がヅカヲタさま

「ガビガビの画像からお気に入りのジェンヌさまを探す能力」

ご贔屓さま初舞台の「花詩集」
本当に ガビガビの映像ですが どこに いらっしゃっるか すぐ わかりました (笑)
公演の際には ご贔屓さまお手製出番表で 位置を確認いたしますが、字が小さく 老眼進行中のワタシには ちょっと キツイ。
お母上さまも 同様のようで 二人で メガネを 外しては拝見しておりました。

出番表に基づき舞台で ご贔屓さまを発見した時の 喜びは 格別でございます…
Posted by at 2017年04月16日 06:43


NEESANさんさま、コメントありがとうございます。

老眼は、生活上のあらゆるシーンで往生しますが

劇場でも、スカステでも、あらゆる状況下で
ご贔屓様を見つける能力は
人間の能力の神秘ですね。

劇場内は空調のせいでしょうか
老眼に加え、目の乾燥も悩ましいものがあります。
Posted by オッサン at 2017年04月20日 16:29
嫁がヅカヲタさま

同感でございます。目の乾燥予防のため 目薬は欠かせません。 観劇前と 休憩時間には ワタシと同じように 目薬さされる方を よくお見かけいたしますね。

嫁がヅカヲタさまから ご教授頂いた 「眠眠打破観劇30分前服用」を するようになってから 観劇中の眠気は 感じなくなってまいりました。

5月7日「瑠璃色」観劇後、千秋楽の出待ち→8日(月)の雪組公演観劇と ハードスケジュールですので 眠眠打破に 助けて頂く事になりそうです。
Posted by NEESAN at 2017年04月20日 20:03


NEESANさんさま、コメントありがとうございます。

私は宝塚と劇団四季しか観劇経験がありませんが
東京宝塚劇場は独特の乾燥感がありますね。

眠眠打破も効きますが
お疲れの時はもう1ランク上の
強強打破もおすすめでございます。

連休明けのハードスケジュール
くれぐれもご自愛くださいませ。
Posted by オッサン at 2017年04月24日 10:06
嫁がヅカヲタさま

「強強打破」でございますね! 準備いたします!
この時期 研修・会議がが 非常に多く 眠眠打破が活躍しております。

早寝でございますので 睡眠は足りておるかと思うのですが、疲れ気味の今日この頃… 5月連休まで 持つかな…
Posted by NEESAN at 2017年04月26日 09:47


NEESANさんさま、コメントありがとうございます。

研修・会議の睡魔ほどつらいものはありませんね。

私も爪の間にボールぺンをさしたり
指と指の間にボールペンを挟んで
締め上げたり
手の平をライターであぶったりと
中世の拷問みたいなことをやってましたが

今は、頭を両手で支え
考え込んだふりをしながら
寝るというスタイルで統一しております。
Posted by オッサン at 2017年04月28日 15:43
嫁がヅカヲタさま

「中世の拷問の…」それを されておられる お姿を想像して 朝から 笑うワタシも 不気味です。

最近は 「眠眠打破」のおかげで 真面目に研修を受けておりますが 寝てしまい、研修のほぼ半分 聞いてないことは しょっちゅうでございました。

しかし 立場上 寝てしまうと 示しがつかなくなりますから 眠眠打破または 強強打破服用は はずせなくなりそうです。
Posted by NEESAN at 2017年04月29日 06:34


NEESANさんさま、コメントありがとうございます。

私の会社は、急激な業績悪化とリストラで
会議の参加人数も瞬く間に少なくなったため
示しも何も必要なくなり
会議の時間は休息の時間となっております。

先日、深夜に長距離を走る際に久々に強強打破を飲み
帰宅後も眠れなくなってしまいました。
Posted by オッサン at 2017年04月29日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
嫁がヅカヲタ」の先頭へ