2017年10月29日

男が男役について考える







私がこのブログを書くようになってから

最大の変化は

興味の対象が娘役から男役へと

変わったことでした。




宝塚は、メインの客層である女性客を

男役に魅了させることを目的としているので

当然の流れではありますが


私は、初めて宝塚を観て以来

「男役は男」と言う認識で観ているので

多くの女性客のような視点で

男役を見ているわけではないと思います。




では、どのような視点で男役を見ているかと言うと

一言では説明がしにくいのですが

男役の何に心動かされるかというと

おそらく最大のものは「共感」でしょうか。




例えば何に共感したかと言うと

「舞音」で龍真咲どんが演じた

シャルル・ド・デュラン大尉
であったり


今年の星組の「スカピン」で

天寿光希どんが演じた

アンドリュー・フォークス
であります。




当然ながら、私は


運命を狂わせるような女性と恋に落ち

その女性が、自分の腕の中で息絶える経験を

したことなどありませんし


殺される寸前の女性を異国で救出し

そのことを隠して、その女性と結ばれる

と言う経験もしたことがありません。



そもそも、女性を救出するどころか

女性のお役に立ったことすらないという説も

まことしやかに囁かれております。


まぁ、ボキが女性の命を救ったら

最低でも、1日1回は恩着せがましく

ペラペラしゃべるでしょうなぁ。





経験がなくても

脚本と演出と演技力で共感がさせるのが

優れたコンテンツの力なわけですが


当然、芝居だけでなく

リアルな男役そのものに

共感することがあります。



時に、その美しさや男らしさに

共感を通り越すこともあります。




例えば、凪七瑠海どんが

月組から専科へ移動する際の

最後のご挨拶

月組の凪七瑠海です

には

「これぞ、本物の男の中の男だ」

と、非常に感動しましたし



また、美城れんさんの退団のご挨拶

西郷隆盛のような、おおらかな男らしさ


七海ひろきどんの初主演の舞台挨拶

男のかわいらしさにも

感動しました。




女性が男性を演ずるという

かなり特殊な劇団で

女性が男らしくあるために日々精進するというのは

世界的にも珍しいと思われますが



農民や町人の息子が

「武士よりも武士らしく」あるために

街中のケンカで傷を負っただけで切腹という

本物の武士さえも震えあがる

新選組のようなハードさとは

少しテイストが違うような気もします。




前振りが長くなりましたが

最近、個人的に気になる男役について

書かせていただこうと思っておりまして


現時点で、候補は2名いらっしゃいますので

追って2回に分けて書かせていただく予定です。



大変お世話になっている宝塚ブログランキング様です。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村





宝塚歌劇団 ブログランキングへ











離婚を思いとどまらせる方法
posted by オッサン at 17:16| Comment(2) | 宝塚 男役 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
嫁がヅカヲタさま

好みの男役さんについて ムスメと語ったことがあります。ムスメとヅカファンの彼女の友人は「抱かれたい」って思わせてくれる男役さんが好き! で 一致したそうです。 最初に はまった男役さんは ムスメは れおん氏、ワタシはかなめ氏。

そうかもな…

ワタシが いいなあと思う男役さんは 美弥さんとか紅さんとか 線が細い フェアリー系だそうです。
月組観た時も ワタシは「美弥さん綺麗〜」ムスメは「タマキチかっこいい、あの厚い胸に抱きしめられたい!」だそうです。

厚い胸…彼女の彼氏は 190cmの超ヤセ型、ペラペラの胸… ムスメの願望なのでしょうか…

ご贔屓さまへの 感情移入は はっきり言って家族への愛情のような気がいたします。先日は「ちゃんと食べてる?」と ル・マンのサンドイッチを大量に渡して参りました…
Posted by NEESAN at 2017年10月31日 06:33


NEESANさま、コメントありがとうございます。

線が細いフェアリー系か?厚い胸板か?
は、非常に興味深いところですね。

男役様によっては、観る人次第で
フェアリー系になる場合もあれば
ガッチリ系になる場合もあるでしょうが

どちらが好まれるのかは
時代により変化するのか?

それとも、どちらかの系統が
トップや路線になりやすいのか
データがあればぜひ知りたいですね。

そのデータを一番知りたいのは
男役のジェンヌ様でしょうが。

嫁も、贔屓の娘役さんについては
「親戚のような感じ」だそうです。

また雪組全体が親戚のような感じだそうです。
Posted by オッサン at 2017年11月10日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
嫁がヅカヲタ」の先頭へ