2017年11月18日

雪組 ひかりふる路 感想




先日、テレビを見ていたら

「音楽はメロディー重視か?

 歌詞を重視するか?」

という問いに対し

メロディ重視派と歌詞重視派が

それぞれの意見を主張するという

番組をやってまして



私に関していえば、これは完全に

「はじめにメロディありき」派であります。



一昨日、雪組の「ひかりふる路」を大劇場で観まして

その思いを新たにしました。



「ひかりふる路」は

内容的にも素晴らしく


その大きな理由は

楽曲の良さと、トップ二人の歌唱力

に負うところが非常に大きい。



パンフレットを読むと

ロベスピエールという人は、フランスでは

ルイ16世やマリー・アントワネットよりも

忌み嫌われている人物だそうでして



私はフランス革命についても全く知識がなく

スカピンや1789で描かれたロベスピエールと

今回の作品で描かれているロベスピエールから想像するに


「フランス国内外の問題を

 最短・最少手で解決する手段として

 恐怖政治を選ぶことで

 自分の目標を実現するべく尽力した人物」


という印象。



そのロベスピエールを主人公として選んだ時点で

史実をデフォルメする必要もあったとは思いますが


歴史的嫌われ者を無理やり美化することなく

まとまりのある話として完結させた

非常に出来の良い作品でした。



今後も再演され

長く演じ続けられる作品になると思いますが

その大きな要因として

楽曲の素晴らしさがあります。




宝塚の楽曲で、私が最も好きな曲は

スカピンの「あなたこそ我が家」と「君はどこに」

なんですが


今回の作品で2回歌われる「今」という曲は

転調具合の絶妙さが鳥肌ものの曲でして

わたくし的には即、宝塚No1の曲になりました。



この曲を望海風斗どんと真彩希帆どんの

歌うまコンビが歌うわけですから

この作品をお披露目公演にできた

望海風斗どんと真彩希帆どんも

早霧せいなどんに引き続き、持ってますなぁ。




思えばこのブログは

初めて見た望海風斗どんのブリドリを見て

その屈託のなさに感動して書き始めた
ものでして

その望海風斗どんのお披露目公演を

大劇場で観たというのは

なんとも感慨深いものがありました。



この作品の感想については

他の演者も含め、また書かせていただきます。




大変お世話になっている宝塚ブログランキング様です。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村





宝塚歌劇団 ブログランキングへ














岡山県で借金の相談をするなら
posted by オッサン at 18:33| Comment(2) | 宝塚 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
嫁がヅカヲタさま

ワタシが 今まで一番心を動かされた歌は 「オームナントカ」の美稀副組長が歌われた「母の心」です。泣きました。歌詞が 以前 お話しました ムスコへの想いと重なり、号泣。 美稀副組長が 出てくるだけで泣き、プログラム見ては泣き、新幹線の中で泣きました。
あまりに感動して感謝のお手紙を出させていただきましたところ、副組長から 直筆のお返事をいただき「ムスコさんに貴女のお気持ちが届きますように」とか「お体大切に」との文面に また 泣きました。
先日 パーチーで1mの至近距離に 副組長がいらした際、自然に手を合わせておりました。

夏樹さん ご卒業のパーチーで 星組の素の皆様を拝見しましたが、皆様 本当に美しく、特に 新公ショーブラン役の遥斗氏は 思いの外 お綺麗でした(失礼)

間近で 拝見すると 親近感を持ちますね…
あの星組全員集合で 改めて、やはり トップさんは 綺麗…と感じました(笑)
Posted by NEESAN at 2017年11月24日 06:37

NEESANさんさま、コメントありがとうございます。

いただいたコメントを嫁に見せた直後
スカステに美稀副組長が出演されてまして

美稀副組長はスカピンのピポー軍曹の方なんですね。

直筆での心優しいお手紙
嫁は「私はジェンヌ本人から直筆で返信もらったことないな」
とのこと。
手を合わせたくなるような素晴らしい方なんですね。

嫁も間近で見るとヤラれるタイプだそうです。


Posted by オッサン at 2017年11月27日 00:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
嫁がヅカヲタ」の先頭へ